DV対策センター

NEWSニュース

NPO法人DV対策センター、DVに関する申請を強化

 2020年4月24日、安倍総理は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学校等の休業や外出自粛が継続する中、児童虐待・DV(ドメスティック・バイオレンス)被害のリスクが高まっていると発言しました。給付金についても、DVで避難している被害者に直接届くよう、対応する方針を示しました。

 NPO法人DV対策センター (本社:横浜市青葉区、代表理事:穂志乃愛莉)では、家庭内での暴力の根絶や被害者の支援に向けて、DVに関する申請・連携等の取組を強化いたします。

▼NPO法人DV対策センター http://dvtaisaku.site/

▼新型コロナウイルス感染症対策本部(第31回)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202004/24corona.html

■給付金を申請できる方
1.基準日(2020年4月27日)以前にDVを理由として、住民票を移せない方
2.基準日以降にDVを理由として避難した方

■DVに該当する事例
1.保護命令が出ている方
2.婦人センター等による通知書、証明書のある方
3.住民基本台帳の閲覧制限をしている方
4.横浜市から児童手当を受け取っている方
5.その他、DV対応機関で相談している方

■DV対策センター
 DV対策センターは、すべての女性と子ども達が夢と希望を育んで生きていける社会を目指しています。DV対策センターは、以下の業務を行います。

1.DV・虐待に苦しむ被害者の相談
2.一時避難所の提供および紹介
3.当事者同士による交流会などの居場所の提供
4.母子家庭の子ども達のための教育支援
5.母子家庭のための就労支援・フードバンク支援

 当団体のスタッフの多くは、当事者として苦難をのりこえてきた者です。専門の心理カウンセラーもおりますので、安心してご相談いただけます。

■今後の展開
 今後も、DV対策センターはDVに関する申請・連携等の取組を強化し、家庭内での暴力の根絶や被害者の支援を行って参ります。

■会社概要
商号 : NPO法人DV対策センター
代表者 : 代表理事
所在地 : 〒227-0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町807番地5
設立 : 2020年3月
事業内容 : DVに関する通報・相談・保護・自立支援等の体制
URL : http://dvtaisaku.site/